記事広告アーカイブ

やがて登場する世界基準のビジネスリーダー
質の高い学びを実践する学生たち

「ダイバーシティが高い環境で、貴重な経験を得ました」
小林広明さん(修士課程2年、20代)

 今回ご紹介するのは、KBSのダブルディグリー制度を活かし、フランスのグランゼコールの1つであるHEC経営大学院に留学した小林広明さん。もともと小林さんがKBSを選んだのは、慶応に加えて海外のビジネススクールでも学位を取得できる制度があり、日本とヨーロッパ両方の質の高い特色あるマネジメント教育を受けることができるのが魅力だったからだという。

グローバルなビジネス環境で活躍することを希望している小林さんにとって、HECのヨーロッパでトップレベルのマネジメント教育や卒業生ネットワークは非常に魅力的だった。

実際に留学してみると、「フランスは良く言えばフレキシビリティが高いため、何でも交渉力次第という環境には苦労しました。さらに日本に比べるとトラブルに遭遇する機会も多くありました」といろいろと苦労はあったようだ。それでも友人や学校のスタッフの力を借りて解決できたという。

留学で得られた経験としては、様々な国から留学生が集まるというダイバーシティが高い環境での学生生活を挙げてくれた。ビジネスの世界はグローバル化やM&Aで今後ますます高いダイバーシティが必要になる。小林さんも「HECでのダイバーシティが高い環境で困難を乗り越え、高い成果をあげた経験を活かしたい」と意気込んでいる。

「留学のハードルは高く、留学してからもカリキュラムをこなすのは大変ですが、知識だけではなく、リーダーシップや交渉力などのソフトスキル、ハードな環境でも高い成果を上げられるという自信、戦友とも言える仲間など努力以上のリターンがあることは間違いありません」と語る小林さん。これからの活躍も期待できそうだ。

お問い合わせ
慶應義塾大学大学院
経営管理研究科
 http://www.kbs.keio.ac.jp/
エグゼクティブセミナー
事前予約受付中
  • ・第113回経営幹部セミナー
    2015年11月4日(水)~11月14日(土)
    [10泊11日]

KBS在校(留学)生インタビュー

~学生たちのリアルな声~

過去最大級の留学生の人数
KBSが国際的に認められている一面
努力以上のリターンがある
ダイバーシティが高い環境での貴重な経験
薬剤師からデューク大へ
KBSの交換留学から得られた貴重体験
将来の夢は経営者
アジアビジネスの架け橋になる!
留学生体験記#2
ニッポンにやってきた留学生の生の声
毎日が意思決定の連続
私を成長させた名門ビジネススクール留学
ふたつの授業スタイル
エンジニアから経営への転身を目指して
発展の中国で最高の学びを
交流こそ最高の留学体験
明確な目標をTOP校で実現
人と学びが人生の資産に