サムスン、米空調機器販売会社を買収

スマートシングスに続いてクワイエットサイドも

 8月19日、サムスン電子は、空調機器販売の米クワイエットサイドを買収したと発表した。写真はバルセロナで2月撮影(2014年 ロイター/Albert Gea)

[ソウル 19日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は19日、空調機器販売の米クワイエットサイドを買収したと発表した。サムスンは、家庭内のさまざまな電化製品を携帯型デバイスで制御することを可能にする「スマートホーム」事業の強化を進めており、今回の買収もその一環。

同社は先週、家庭内の機器の監視、制御、自動化を可能にするプラットホームを提供する米新興企業スマートシングスの買収を発表したばかり。

サムスンの広報担当者は、クワイエットサイドの全株を取得したと明らかにしたが、買収額は公表していない。クワイエットサイドは米国内に500前後の店舗を展開し、家庭および企業向けに空調機器を販売している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
決め手の新型車両を断念<br>迷走する長崎新幹線

2022年度の開業を控える長崎新幹線。九州西端に位置する長崎は交通の便の悪さに苦労しており、開業への期待が大きい。しかし、JR九州が新型車両導入を断念。博多直通が暗礁に。