パソナ流「おもてなし」接客講座がウケる理由

「日本流」が、ベトナムやインドネシアで大人気

人材大手パソナグループのキャプラン社がベトナムとインドネシアで「日本流のマナー」を地場の人材に紹介するセミナー事業が好評だ。なぜ今、「日本流のマナー」への需要が高まっているのか、その背景を探る。
日本流のマナーに挑戦する、セミナーの参加者たち。ベトナムにて

「おもてなし研修体験セミナー」とは?

人材大手パソナグループのキャプランは、6月から、ベトナムのホーチミンとハノイ、インドネシアのジャカルタで「おもてなし研修体験セミナー」を開催した。現地に拠点を置く日系企業で働く現地採用の従業員が対象で、日本流のビジネスマナーを座学・実践を通じて伝えることが目的。参加した企業はホーチミンでは20社35名、ハノイが17社34名、ジャカルタが14社25名。飲食店やホテル、ショッピングモールなど、対面で接客を行うサービス業に携わる企業からメーカーや商社等、多岐にわたった。

セミナーはキャプランが定める「ビジネスパーソンに求められるビジネスマナー」の基本5原則、「挨拶・表情・身だしなみ・言葉遣い・態度」に沿って行われた。航空会社のキャビンアテンダントとして30年以上ビジネスマナー等の経験を持つベテラン講師が担当。講義は日本語で行われ、パソナの従業員が参加者に現地語で通訳をする形で伝えられた。

次ページ具体的にどんな研修なのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。