日本マクドナルドが7月からチキン3商品を販売開始。下期の戦略的商品として位置づけ

日本マクドナルドが7月からチキン3商品を販売開始。下期の戦略的商品として位置づけ

日本マクドナルドは、7月2日(金)からチキンを使用した新商品を全国で販売開始する。商品名は、「チキンバーガー ソルト&レモン」、「ジューシーチキンセレクト」「チキンバーガー オーロラ」の3種。「チキンバーガー オーロラ」のみ7月16日(金)から8月下旬までの期間限定だが、残り2商品はレギュラーメニューとして販売する。
 
 販売価格は、それぞれ単品で「チキンバーガー ソルト&レモン」、「チキンバーガーオーロラ」を370~390円、「ジューシーチキンセレクト」を2本入りで190円に設定した。販売エリアはほぼ全国のマクドナルドすべてを予定している。先駆けて21日(月)からは都内で13店展開している新世代デザイン店舗で販売を開始した。25日(金)からは全国の旗艦店229店舗でスタートする。

同社は「チキンタツタ」や「チキンマックナゲット」により、チキン市場3920億円の中で、すでに16.3%のトップシェアを有する。ただ、レギュラーメニュー15種(6月末現在)の中では、「ビッグマック」などのビーフ系や「てりやきマックバーガー」などのポーク系が主力商品で、チキン系は第3の柱として育成する余地が大きい。

08年以降、同社は「クオーターパウンダー」や「ビッグアメリカ」など独自性の高い商品を投入し、ヒットにつなげてきた。今回のチキン3商品も、2010年7~12月期(下期)の戦略的商品として投入する計画だ。

6月20日(日)に行われたプレス発表会の中で、原田泳幸社長は、「マクドナルドに来店していない顧客の中には、われわれがチキンのナンバーワンであることを認知していない方が多い。(ケンタッキーフライドチキンなどの)他社とは違い、われわれは「プレミアムローストコーヒー」と組み合わせることで、成長機会を獲得していく」と語った。

同発表会では、チキン新商品のCMキャラクターに起用された笑福亭鶴瓶と原田社長のトークセッションも行われた。原田社長は、「今回のCM起用と直接関係はないが、海外出張の帰りの飛行機で見た映画『おとうと』で、笑福亭鶴瓶さんの自然な演技に涙が出た」と語った。それに対し、笑福亭鶴瓶は、「(「プレミアムローストコーヒー」のCMキャラクターだった)平成中村座などそうそうたるメンバーが出演しているマクドナルドのCMに出演できたことは光栄」と応じた。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)    売 上  営業利益 経常利益  当期利益
連本2009.12  362,312 24,230 23,252 12,809
連本2010.12予 313,000 26,000 24,400 5,800
連本2011.12予 290,000 27,000 25,400 14,000
連中2009.06  184,074 9,636 9,006 5,005
連中2010.06予 164,000 12,800 12,000 1,000
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
連本2009.12  96.3 30 
連本2010.12予 43.6 30 
連本2011.12予 105.3 30 
連中2009.06  37.6 0 
連中2010.06予 7.5 0 
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。