米GEが家電事業売却へ交渉

相手はスウェーデンのエレクトロラックス社

[ストックホルム 14日 ロイター] - 世界2位の家電メーカー、スウェーデンのエレクトロラックスは14日、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の家電事業を買収する方向で交渉を行っていることを明らかにした。

エレクトロラックスは声明で、GEと協議を行っていることを確認したうえで、「何ら合意には至っていない」とした。

関係筋によると、GEの家電事業の価値は20億─25億ドルとみられている。

これに先立ち、通信社ブルームバーグは関係筋の話として、GEが家電事業売却に向けてエレクトロラックスや新興企業のクワーキーと交渉していると伝えた。

GEの広報担当者からはコメントを得られていない。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
持ち家が危ない<br>マイホームが「負動産」になる

東京・豊島区で15%の空き家率。空き家はもはや地方都市だけの問題ではない。積立金不足で大規模修繕が進まないマンションも。「負」動産化する持ち家の大問題とその対策を提示。