「ヤバい日本経済」、本当はイケてない?

年末の消費税10%決定、「それでいいの」か

安倍首相は年末に「ヤバい日本経済に乾杯!」といえるのだろうか・・(右はメキシコのペーニャ大統領、ロイター/アフロ)

 『ヤバい日本経済』なんて本が出てますけど、日本経済、ホントはヤバイ(=良くない)んじゃないんですか?」

先日、こんなことを聞かれて泡を食ってしまった。

東洋経済新報社から絶賛発売中、出版後2週間で早くも3刷が決まったわれらが『ヤバい日本経済』は、若者用語の意味で日本経済は「ヤバい」と言っている。つまり日本経済は意外とイケてるぞ、乗り遅れるなよ、という肯定的な評価を下している。

日本経済は、実は腰折れしたのか?

山崎元さん、吉崎達彦さん、ぐっちーさんの鼎談「ヤバい日本経済」をぜひお手元に。今後の日本経済を考えるうえでの「道しるべ」になります

ところが8月13日発表の4~6月期GDP速報値は、年率換算でマイナス6.8%という低い数値が出た。実は景気はすでに腰折れしているのかもしれない。日本経済は危ない、というオヤジ世代用語の意味でヤバイんじゃないですか?というのである。

まあ、待ちたまえ。この程度で日本経済は腰折れしない。が、当初の見込みを修正しなければいけない部分が出てきたのも間違いない。以下、きちっと説明するから、都合のいいところだけつまみ食いしないで、最後までじっくり聞きたまえ。

実質GDPは今年1~3月、年率換算で6.1%の高成長であった。それが4~6月期ではマイナス6.8%と大幅に下落した。つまり「行って来い」になってしまった。その主原因が、消費税の増税による駆け込み需要と、その反動減にあることは火を見るよりも明らかだろう。

次ページ前期比の大きな変化率を見て、幻惑されるな
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。