酷暑に涼をもたらすハイテク住宅が登場

建築に導入された「エクセルギー」の原理

雨水の冷たさ、太陽の暖かさなどを住環境調節に利用する「エクセルギーハウス」

酷暑の夏が続く。特に東京の夏はヒートアイランド現象も加わって、ここ100年で3度以上も平均気温が上がっている。この暑さで、7月に熱中症で病院に搬送された人は2万3000人を上回っているという。

ところで、この熱中症、屋内で発生する率が非常に高いことをご存じだろうか。実は約4割が屋内で起きている(東京消防庁調べ)。特に寝室やリビングなど普通にいつもいる場所での発生が多い。

夜に外気温が下がっても熱中症になるワケ

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

これには、室温や湿度以外にある温熱環境が関与している。それは、壁や天井、床といった人を囲む周壁の面の温度の影響である。

たとえば、集合住宅の最上階などでは、真夏の太陽に照らされたコンクリートが熱をため込んで、夜になって外気温が下がっても天井や壁の温度が下がらない。このことが熱中症を引き起こす隠れた原因になっているのである。室温より人を囲む面の温度が高いと身体への負担が大きい。このことは、東京都市大学の宿谷昌則氏の「人体のエクセルギー消費」の研究でも明らかになっている。

そして、この原理を建築に活かしているのが、建築家・黒岩哲彦氏が開発した「エクセルギーハウス」である。

次ページエクセルギーハウスの概要は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。