ネット選挙運動解禁には6割が賛成、戸別訪問解禁には6割が反対--東洋経済1000人意識調査

ネット選挙運動解禁には6割が賛成、戸別訪問解禁には6割が反対--東洋経済1000人意識調査

インターネットを使った選挙運動の解禁には6割超が賛成(賛成およびどちらかといえば賛成の合計)だ。男性では7割弱が賛成、一方、女性では5割と性別によって差がついた。年齢や地域による差は大きくない。

戸別訪問の解禁については6割強が反対(反対およびどちらかといえば反対の合計)だ。「現状のままでよい」は戸別訪問の禁止を継続することを意味するので、戸別訪問には8割弱が反対していることになる。性や年齢や地域による差はあまりない。



■性別・年齢別クロス集計

・選挙期間中のインターネットを利用した選挙活動の解禁

・インターネットによる選挙公報の掲示

・選挙期間中の戸別訪問の解禁



関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。