あなたにも出来る! 社労士合格体験記(第10回)--職業訓練開始の前に韓国へ

あなたにも出来る! 社労士合格体験記(第10回)--職業訓練開始の前に韓国へ

シルクロードから帰ると、職業訓練「ビジネス法務・社会保険労務科」の合格通知が出迎えてくれました。振り返れば、その前に受験した「介護サービス科」に合格していたら、

「社労士」資格に出合うこともなかったわけで、まさに人生万事塞翁が馬です。

2004年9月1日から3カ月間は、朝から晩まで職業訓練で缶詰め状態になります。自由気ままな生活にもいよいよ終止符かと思いきや、妻が亡き父の旅日記を見つけ出しました。

豪放磊落な義父のルーツ

妻の父は彼女が18歳のときに他界したため、私は面識もありません。しかし、故郷の大分県から上京した学生たちの面倒をみたり、飲み屋で知り合ったばかりの人をいきなり家に泊めたりと、豪放磊落かつ人望のある、面白い人だったようです。他界して30年近くが過ぎた今でも、わが家には義父をしのんでよく人々が集まり、昔話に花を咲かせています。

義父の父親、つまり妻の祖父は昭和初期の国策で、氷工場を作るため朝鮮半島に渡り、義父はそこで生まれました。古都・慶州(キョンジュ)から車で3~4時間ほどの、日本海に面する良浦(ヤンポ)という田舎町です。ところが、急な国策の変更により、夢半ばで、しかも負債を抱えて、家族全員が日本へ帰国することになりました。

それから約40年の歳月が流れた1971年、事業を興し、勢いづいていた義父は、仕事で韓国を訪ねることになりました。旅日記はその時のものでした。自分が生まれた場所をひと目見たいと、ガタガタの山道を何時間も揺られ、ついに煙突が目立つ工場を探し当てた、と記されていました。

日記帳だけをたよりに

「行くっきゃない!」、そう思わずにはいられない内容でした。われわれは、地図にも載っていない良浦を目指して、8月11日から4泊5日で旅立ちました。慶州バスセンターの観光案内所では、旅の趣旨に感心した係員たちが、必死で良浦を調べてくれて、タクシーの運転手さんを紹介してくれました。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。