「アコード」のエアバッグ問題、調査が本格化

米当局、予備調査から技術的解析に格上げ

 8月4日、ホンダ「アコード」のエアバッグ問題で、米道路交通安全局は技術的な解析に調査を格上げした。写真は同社のロゴマーク。都内で2013年1月撮影(2014年 ロイター/Issei Kato)

[デトロイト 4日 ロイター] - ホンダ<7267.T>の「アコード」セダンで、ドアを過度に強く閉めると、エアバッグが作動する恐れがあると、300件近い苦情があったことを受け、米道路交通安全局(NHTSA)は推計33万5195台について、これまでの予備調査から技術的な解析に調査を格上げした。

対象は2008年4ドアモデルで、NHTSAが1日、オンライン上に掲載した文書で明らかにした。メーカーが安全上の問題に対処する必要があると判断すれば、リコール(回収・無償修理)が実施される可能性もある。

NHTSAは、運転席か助手席側のエアバッグが想定外に作動した293件を特定、14人がけがを負ったとした。

NHTSAに寄せられた苦情によると、ユーザーが昨秋、ガソリンスタンドで停車し、婚約者が飲み物を買いにドアを閉めたところ、助手席側のカーテンエアバッグが作動し、9歳の子供を直撃、負傷したという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。