日本の大問題が面白いほど解ける本 シンプル・ロジカルに考える 高橋洋一著

日本の大問題が面白いほど解ける本 シンプル・ロジカルに考える 高橋洋一著

公共事業はやめるべきか、高速道路無料化は愚策か、「子ども手当」はバラマキか、年金は積み立て方式がいいのか、「増税して景気がよくなる」ことはあるか、借金が973兆円もあって日本は大丈夫か?

いずれの「難問」にも、著者は、コスト・ベネフィット分析と世界標準を基本的な立場として答えを出す。

たとえば、日本の大借金。国の債務が返済可能かどうかは、課税権と国の債務残高が見合っているかどうかで決まる。その際、債務残高の対GDP比の動きが、財政破綻かどうかの指標になる。それは標準的な尺度「基礎的財政収支」でわかるという。

「埋蔵金」を白日の下に引き出した著者によるロジカルシンキング。

光文社新書 777円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。