意外な業界がiPhone活用、自動車保険の見積もりも手軽に

意外な業界がiPhone活用、自動車保険の見積もりも手軽に

メディアへの影響ばかり喧伝される感のあるアップルのiPhoneとiPad。しかし、意外な業界にもインパクトを与えている。

ダイレクト自動車保険大手のチューリッヒ保険では、5月26日にiPhoneを用いて自動車保険の見積もり・契約ができる、専用アプリの提供を始めた。アプリ名は「Z−Gate」。見積もりの際に必要な車検証や保険証券の情報を手入力することなく、カメラで撮影した画像を送るだけで済む点が大きな特徴だ。

「開始早々からコンスタントに見積もり依頼が入っている。iPadが発売されたこともあり関心が高まっているのだろう」(ダイレクト事業部代理店開発部の並木哲也統括部長)。iPhone向け広告サービスのアドモブと組み、積極的に広告を打っていることも、好調なスタートの理由だ。

メニューは「アプリでお見積もり」と「電話でお見積もり」のみだが、安全運転を啓蒙する「事故ゼロ教室」や、ミニゲームを加える予定。「自動車がなくても、ゲームを楽しんでもらえれば、自動車購入の際に想起してもらえる」(並木統括部長)。

他の保険会社も同様のサービスを展開しそうなものだが、「セキュリティ環境を含めてビジネスモデル特許を申請している」(同)。そう簡単にはマネできないようになっているようだ。

(山田俊浩 =週刊東洋経済2010年6月12日号)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。