石油化学で再編が加速、頼みの中国市場を警戒

石油化学で再編が加速、頼みの中国市場を警戒

勝ち残りを懸けた国内石油化学産業の再編が本格化してきた。

三菱ケミカルホールディングスと旭化成は5月31日、岡山県の水島コンビナートで石化製品の基礎原料となるエチレン事業を、来年4月に統合すると発表した。それぞれの子会社が共同出資し、運営会社を設立。両社が1基ずつ持つエチレン設備を一体運営することで、合計で年産100万トンの能力を2012年までに3割落とす。将来の需要動向次第では2基のうち1基の停止も検討する。

これに先駆け4月には三井化学と出光興産も、千葉コンビナートでエチレン設備の運営を統合している。

エチレンの国内生産は10社が各地の石油コンビナート内で手掛け、年産能力は合計約720万トン。足元の稼働率は9割超。にもかかわらず再編が進むのは、需要が将来剥げ落ちる懸念があるからだ。

目下、堅調な国内生産を支えているのは輸出。経済産業省によればエチレン由来の化学品の輸出は年間220万トン程度に上る。中でも、最大の出荷先は中国である。

経済成長が著しい中国では、エチレンを使う化学品需要が旺盛。国内化学大手各社でも、中国向け需要拡大が業績改善の要因となっている。

中東と中国が増産

だが、これが長く続く保証はない。安価なエチレンに強みを持つ中東が08~13年に年産1000万トン、中国国内でも同750万トンと、それぞれ大規模増強を計画している。中国の内需が同800万トン程度伸びるとの予測もあるが、コストの面で優位性を持つ両国との競争で、日本勢が打撃を受ける可能性がある。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。