楽天は、「楽天市場」の欧州進出を発表、ルクセンブルクに中枢拠点新設

楽天は、「楽天市場」の欧州進出を発表、ルクセンブルクに中枢拠点新設

楽天は、欧州での中核拠点として、ルクセンブルクに「楽天ヨーロッパ」を設立すると発表した。今後2~3年内に、英仏など主要EU市場で楽天市場事業を展開する計画。ルクセンブルクの拠点は、戦略立案や物流、システム開発など本部機能を担い、数十人規模の体制を構築する予定だ。資本金は日本円で1億円で、単独出資。

楽天は、27カ国で楽天市場事業を展開する計画を掲げているが、この欧州進出は、今年5月にスタートする台湾に続く、海外展開第2弾の発表となる。基本的に、中小の商店のネット通販を束ねるという、日本の楽天市場モデルを展開する。

三木谷浩史社長は、「欧州のEC(電子商取引)市場は日本の4倍規模がある。EC市場でも日本と同等のシェアを取れると思うので、欧州での流通総額は日本の数倍とすることを目指している。中小商店に対して、ECのシステム運営から営業支援、ポイントによる販促サービスをパッケージで手掛けている企業は、世界で見ても楽天しかなく、欧州でも強みになる」と説明した。

なお、同時並行的に、欧州以外での海外展開も進めていくとしている。
【丸山 尚文記者】

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。