プロパストが申請した異例の「民事再生」の行方

プロパストが申請した異例の「民事再生」の行方

ジャスダック上場の不動産会社プロパストが5月14日、東京地裁に民事再生手続きの開始を申請し、受理された。負債総額は554億円。

同社は2009年5月期に債務超過に転落したが、その後も物件の売却が進まなかった。5月期末までに債務超過が解消できなければ上場廃止となる瀬戸際に立っていた。

今回、異例なのは、民事再生法を申請しながらも上場維持を狙っていること。

上場を維持しながら経営再建していくには事業再生ADRの活用が多い。だが、同社の津江真行社長は「ADRでは、再建計画について債権者全体の同意が必要なうえ法人税などの滞納もあり、要件を満たさない。ただ、今回の民事再生申請であれば債権者の過半の同意は得ている」と説明する。

今後の関門は二つある。まず、時価総額基準をクリアすること。5月15日から6月14日までの平均時価総額、または6月14日の時価総額が5億円以上なければ上場廃止となる。

ちなみに民事再生の申請を発表した14日の終値ベースでは3・4億円。再生手続き開始決定を受け約53億円の法人税の還付請求を行った翌日には、6億円を超えた。

上場を維持できても、さらなる関門がある。債権者の同意を得て、裁判所への提出期限(7月7日)までに再建計画が出せるかどうかだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。