組織力 宿す、紡ぐ、磨く、繋ぐ 高橋伸夫著

組織力 宿す、紡ぐ、磨く、繋ぐ 高橋伸夫著

「会社」ではなく、「組織」を念頭に組織力を説く。組織力を宿した若者たちは会社の寿命を乗り越えて、生き延びていくはずだからだという。

組織力は、人々を一つのまとまりに組織する能力(ウチの組織力)と、組織としてまとまることで発揮されるより大きな力(オモテの組織力)という二つの意味がある。中でも後者の、一人ひとりではできない仕事を組織でどうこなすか、あるいは、突破できないような難関をどうしたら組織によって切り抜けることができるようになるかに焦点を当てる。

「組織力を宿し、紡ぎ、磨き、繋ぐこと」で初めて、組織であり続けることができると、長年組織論を研究してきた著者は強調する。

ちくま新書 777円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。