野球を学問する 桑田真澄・平田竹男著

野球を学問する 桑田真澄・平田竹男著

PL学園からジャイアンツのエースとして活躍した桑田が、大リーグから戻って早稲田の大学院に入ったところまではニュースになった。本書は入学までの思いといきさつ、大学院での1年間、そしてその成果を、指導教官との対談によって明らかにしたものだ。

若い頃から疑問を抱いてきたという「長時間練習、いじめ、体罰」の実態と受け止められ方を、プロと大学の選手にアンケートして統計処理し、展開したのがユニークだが、高卒で大学院へ入ったうえに、最優秀論文の評価まで受けた。野球でもそうだったが、理にかなったすさまじい努力とセンスは出色といってよい。

飛田穂洲の「野球道」を批判的に発展させた「練習の質の重視」「心の調和」「尊重」の三角形理論は多くのスポーツに活かせるだろう。対談は温かみと味わいがあって読みやすい。修士論文(残念ながら収録されていない)を指導者たちが読めば球界の発展に資するのではないか。(純)

新潮社 1365円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。