裁判百年史ものがたり 夏樹静子著 ~司法の当事者にこそ読ませたい労作

裁判百年史ものがたり 夏樹静子著 ~司法の当事者にこそ読ませたい労作

評者 仲倉重郎 映画監督

 「裁判」が法に基づいて行われるようになったのは、1889(明治22)年に帝国憲法が制定され、翌90年に裁判所構成法が公布されてからである。以来120年、数々の事件が起こったが、その中でも裁判として意義深く、また後の時代にも影響を及ぼしたとされる12の大事件が取り上げられている。

その最初が「大津事件」である。91年、ロシアの皇太子ニコライが滋賀県大津で襲われた。犯人は、こともあろうに行列の警備をしていた巡査の津田三蔵であった。当時のロシアは超大国だったので、政府はパニックに陥った。犯人を如何に処すべきか。皇族に対する罪ならば死刑だが、外国の皇太子は「皇族」か否か大論争になった。ことを穏便に済ませたい政府は死刑にしたい。

だがそれに敢然と立ちはだかったのが、時の大審院長児島惟謙である。児島は行政の露骨な干渉をはねのけ司法権独立のために奔走した。その攻防は近代司法確立のための苦闘である。

そのほか、大逆事件、翼賛選挙無効裁判、帝銀事件、松川事件、チャタレイ裁判等、裁判史上忘れられない12の裁判が取り上げられている。それぞれに時代を表している事件である。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。