《プロに聞く!人事労務Q&A》休日と休暇の違い、振替休日と代休の違い

《プロに聞く!人事労務Q&A》休日と休暇の違い、振替休日と代休の違い

 

回答者:半沢社会保険労務士事務所 半沢公一

質問

 休日と休暇の違いがいま一つ理解できません。また、休日について、「振替休日」と「代償休日(代休)」の場合では、手続きや割増賃金の支払いの取り扱いが異なるようですが、その点を教えてください。(IT会社 総務部長)

回答

●休日とは

休日とは、労働契約で、労働の義務を課さないことを契約した日のことをいいます。労働基準法第35条では、原則として、1週間で1日、例外として、4週間で4日の休日を労働者に与えるように義務づけています。法律で定められた休日ですので、これを「法定休日」といいます。

これに対して、会社が就業規則等により定めた休日を「所定休日」といいます。所定休日は、法定日数を下回ることはできませんが、法定日数以上であれば任意に定めることができます。

たとえば、就業規則や労働契約で、1週間で1日(または4週間で4日)の休日が定められていれば法定をクリアしていることになります。

なお、法定休日が日曜日なのか、土曜日なのか、又は別に定めた日なのかについては、法定の要件を満たしていれば、任意に定めることができますが、特定の日を法定休日として定める(たとえば、日曜日とするように)ことのほうが、労働者にとっても働きやすい職場になるのではないかと考えます。

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。