実践! 交渉学 いかに合意形成を図るか 松浦正浩著

実践! 交渉学 いかに合意形成を図るか 松浦正浩著

交渉の結果として、自分だけが幸せになるのではなく、社会全体も幸せになるような解決策を積極的に模索することを目指すのが交渉学であるという。いわゆるウィン・ウィンの関係を築くことだ。

研究者である著者が説く交渉学の思考方法は、外国との政治的な交渉も、夫婦間の小遣い値上げ交渉も、同一のフレームワークで論じられているところが面白い。

交渉とは、異なる思想や価値観を排除しようとする手段ではなく、共存を前提とするものである。対立する思考が共存の可能性を認識すれば、破壊的な活動から生産的な活動へと転換できる。

人の考え方はやはり十人十色。交渉の重要さに気づかされる。

ちくま新書 777円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。