サムスンの絶頂期が永続するとは思わない--李潤雨・サムスン電子副会長

サムスンの絶頂期が永続するとは思わない--李潤雨・サムスン電子副会長

「今が本当の危機だ。グローバルな一流企業が次々と崩壊している今、サムスンもいつどうなるかわからない。今の事業や製品は、10年以内に多くが消える。そうなれば、また一から始めなければならない。躊躇している時間はない。前だけを見て進もう」

韓国サムスン電子の李健煕(イゴンヒ)前会長が3月、会長職に復帰し、経営の最前線に戻った。冒頭のメッセージは、世界の社員に向けて放った、ツイッターによる“檄文”だ。

李会長は不正資金事件で執行猶予付き有罪判決を受け、2008年に退いている。創業家とはいえ、引責辞任したトップが舞い戻るというのは、グローバル企業の中でも異例中の異例。しかも、サムスン電子の業績は決して揺らいでいないのだ。

同社の09年12月期連結売上高は約11兆円。営業利益率もかつてより減少したとはいえ、8%に上る。半導体、液晶パネル、携帯電話、そしてテレビと、収益柱をいくつも保持しており、世界シェア首位の座に君臨している。ソニーやパナソニックといった日本のライバルメーカーを、規模や収益力から見ても、まったく寄せ付けない。この絶頂期に、何が危機だというのか--。

サムスンを現在のガリバーに育てた端緒は、1997年のアジア通貨危機にある。

90年代初めまでは廉価な製品を作るアジアの新興メーカーの域を出ず、基幹部品の8割を日本など先進国から輸入していた。この“組み立て屋”経営は、ウォンが半値に急落した通貨危機で窮する。さらに財閥解体を進める当時の金大中政権の経営介入で、自動車事業売却など急激なグループ縮小を余儀なくされた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。