うつになる若者たち--増える「依存型うつ病」の真実 町沢静夫著

うつになる若者たち--増える「依存型うつ病」の真実 町沢静夫著

深刻な不景気によって、うつ病患者のさらなる増加が危惧されていることをご存じだろうか。
2008年度の厚生労働省の調査で、精神障害の労災が認められた人数は過去最悪に上る。「リストラ」や「残業の増加」などのストレス要因が、うつ予備軍をも増やしているという。

注目すべきは、男女ともに働き盛りの30~40歳代という比較的若い世代が、増加数のピークに達することだ。しかも、「依存型うつ病」と呼ばれる新しいタイプのうつ病患者が増えている。食欲は旺盛で、よく眠り、イベントや飲み会に参加するなどのうつ病とは思えない派手な行動をとる一方で、感情が沈み込みやすく、会社に行けない、仕事はできないなどの症状を示す。

本書では、30~40歳代はビジネスの最前線に立たされ、重い負担がのしかかる世代であるという現状と、依存心が強く、打たれ弱い若者を作り上げてしまった現代社会の背景が、うつ病の低年齢化の原因だと指摘されている。

豊富な経験を有する精神科医の筆者による、最新治療やうつ病予防の解説書としても読める。誰でもがかかる可能性がある病との付き合い方を把握し、うつ病というテーマからストレスの多い現代社会を見つめ直せる1冊だ。
(フリーライター:沼 由美子=東洋経済HRオンライン)

海竜社 1365円

  

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。