富士通・野副州旦社長解任時の録音全文

富士通・野副州旦社長解任時の録音全文

富士通による野副氏社長解任時の録音。野副州旦氏側が4月22日の記者会見で公開した。一部は非公開。

-------

日時:2009年9月25日(月)8:30~
場所:富士通汐留本社32階
出席者:山本卓眞名誉会長、秋草直之相談役、間塚道義会長、大浦溥取締役、山室惠監査役、安井三也法務本部長、野副州旦氏

-------

大浦溥取締役:突然呼び立てして。実は会社の非常に重要な問題についてお話ししたいと思っておりまして、野副さん自身にとっても関連することでありまして。えー、私どもが話をする前に、山室監査役から、いくつか確認したいことがあります。

山室惠監査役:色々これからご質問させて頂きますが、あの、フォーマルな質問だと思ってください。つまり会社法に定められた、監査役の権限に基づいて、取締役の職務に関する調査の一環として質問させて頂きます。最初の質問ですが、人物A 氏。

野副: はい。

山室:どういう人ですか。つまり職業、現在何をしている人ですか。

野副:現在、えー、元は 会社名 えーと、会社名 ですね。

山室:そうですね。2000年ごろ。

野副:はい、はい。

山室:現在は ファンドA の代表として活動している。

野副:はい、はい。
 
山室:それから、まさに 会社名 に2000年頃おられた、ですね。いつ頃からのお付き合いですか。

野副:秋草さんが社長の時ですから、当時からの付き合いでございます。

山室:2000年ごろ。

野副:はい。

山室:野副さんはビジネス開発室長。そうですね。

野副:はい。

山室:どんな付き合いですか。つまり、業務に関連するものか、それとも個人的な付き合いなのか。

野副:元々は 会社名 がですね、提携したときの、仲介をやって頂きました。

山室:はい。

野副:はい。

山室:という意味では、業務上の関連がありますか。

野副:大いに関係しています。

山室:えーと、現在も付き合いがありますか。

野副:あります。

山室:どんな付き合いですか。

野副:実は昨年、ニフティをですね、えーまあ、ああいう形で問題を解決するために、ニフティに対して資本の投下をお願いしたいということで、 人名 という人がいるんですけれど、まあこの方に対する仲介をやって頂いたという経緯がございます。
 
山室:そうすると現在もたとえば会っている。あるいは電話をしている。

野副:はい、電話しています。

山室:はい。

野副:それは、しかしただ、人名 君ですね、というビジネス開発室長の。

山室:はい、知っています。

野副:ええ、仲介をベースにやっています。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。