台湾の「至宝」を見に行ってみた!

とっつきにくそうな中国の書画を、今度こそ

中国の書画といっても、書いてある字は読めないし、どこをどう見ればいいのかわからない、という人も多いのではないだろうか。

そこで登場してもらうのが、東京国立博物館の研究員、塚本麿充さんだ。塚本さんの話術にかかると、ぼんやり眺めるしかなかった書や絵が、急にくっきり見えてくる。東京国立博物館で9月15日まで開催中の「台北 國立故宮博物院」展から、4つの美術品を紹介してもらおう。

至宝中の至宝!

まずは、塚本さんが「至宝中の至宝!」という、『行書黄州寒食詩巻(ぎょうしょこうしゅうかんしょくしかん)』から見てみたい。故宮博物院で最も大事にされている作品のひとつだというが、どこがそんなにすごいのか?

その理由は2つある。ひとつは、文字が人の気持ちや性格を表していることだ。
「文字というのは、読めるように、きれいに書くことが大切です。世界中の文字は、今もその段階です。ところが、1000年前の中国に変革が起こりました。彼らは、文字はきれいなだけではダメだと考え、文字で自分の気持ちを表せることを発見したのです」

彼らは、文字の造形から気持ちや性格まで読み取れるような書を書いた。文字が芸術になったのだ。

「ほかの国にはなかった、中国らしい芸術です。中国芸術のいちばん大切な飛躍。それを代表するのが、この1点なのです」

画像を拡大
『行書黄州寒食詩巻(ぎょうしょこうしゅうかんしょくしかん)』蘇軾(そしょく)筆 北宋時代 11~12世紀 台北 國立故宮博物院蔵 8月5日~9月15日に展示
次ページ人生を肯定する力強さ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。