日本思想という病 中島岳志 他著

日本思想という病 中島岳志 他著

歴史に学ぶことは重要だが、事件や事象という歴史よりも、歴史としての思想に学ぶことがその中心になるべきだろう。

本書で取り上げられる日本思想とは、保守・右翼・ナショナリズム(中島岳志)、中今・無・無責任(片山杜秀)、文系知識人(高田里惠子)、思想史からの昭和史(植村和秀)、経済思想(田中秀臣)であり、それぞれ直接関係はせずとも微妙に交錯している。

共通するのはレッテル貼りの思考停止からは遠く、思想の根源と思想の持つ力を、比較思想学とでもいうべき視点から柔軟に解明しようとする試みである。

多く対立する立場の思想家たちがいずれも生き生きと描き出される。誰が優れ劣っているという評価はもちろんないが、読む者はおのずと相対評価の座標軸を得ることになるはずだ。

文系知識人の受難に関する章では、インテリが歴史的に陥る罠から時代を超える寓意へと連なって興味深い。どの章も日本思想を考える良い手掛かりになる。(純)

光文社 1155円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。