携帯電話の画像進化を支える東大発ベンチャーの技術力

携帯電話の画像進化を支える東大発ベンチャーの技術力

今やカメラ付きが当たり前になった携帯電話端末。最近では手ぶれ防止やパノラマ写真作成など、高度な機能が標準搭載されている。こうした画像処理ソフトを開発し急成長しているのが、東京大学エッジキャピタルが出資するベンチャー企業のモルフォだ。

2004年5月に設立された同社は、手ぶれ補正技術「Photo Solid」や画像加工を行う「Effect Library」(右写真)など、多くのソフト製品を生み出してきた。06年の搭載開始以来、10年1月末時点で国内161、海外42の携帯電話に採用され、累計ライセンス数は1億5000万件を突破。「今年はさらに1億件の増加が目標」と平賀督基社長は話す。

02年、東大院で博士号を取得した平賀社長は特許重視の戦略を採っており、約70名の社員も技術者が中心。3月下旬に「Photo Solid」で3つ目の特許を取得し、現在、申請中の特許も数多い。09年10月期は売り上げ約10億円に達し、初めて最終黒字化。上場への準備も本格化し始めたという。

携帯に加え、デジカメやテレビ向けのライセンス供与の準備も進めている。「目標は地球上の全員に当社の技術を使ってもらうこと。そして最先端映画に使われる画像処理技術を生み出し、アカデミー賞技術部門を受賞すること」(平賀社長)と夢は大きい。

(山田俊浩 =週刊東洋経済2010年5月1日号)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。