性的虐待問題に揺れるカトリックの時代錯誤--イアン・ブルマ 米バード大学教授/ジャーナリスト

今年に入り、カトリック聖職者による「未成年者への性的虐待」の告発が欧米で相次いでいる。

ローマ法王ベネディクト16世はアイルランドのカトリック教徒に対して謝罪し、なぜ罪深き神父たちが子供たちに対して性的な誘惑に駆られたのかをこう説明した。

「アイルランド社会の急激な変化と宗教の世俗化は、われわれの信仰にかつてない重大な課題を突きつけている。急速な社会変化が、伝統的なカトリックの教えと価値観を守ってきた人々の信仰に悪い影響をもたらしている」

神父による子供の性的虐待はアイルランドに限ったものではなく、他の多くの国でも見られる。社会的な変化と宗教の世俗化が、宗教的価値観に影響を及ぼしているのはアイルランドだけの問題ではない。こうした事態が性的な罪を犯す原因になっているのかもしれないが、それは法王が信じている原因ではない。

神が絶対的な権威を持ち、大多数の人々が神父を道徳的な指導者と信頼していた伝統的な時代には、性的行為は政治的権力によって規制されていた。キリスト教徒は罪を信じ、教会に支えられていた価値観に敬意を払っていた。

しかし、神父を含む特権的な人々には偽善という抜け道が与えられていた。裕福な人々は愛人を持ち、大学教授は学生と不倫をし、地位の低い田舎の神父でさえ手近な女性の召使いと性的な関係を楽しんでいた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。