日本板硝子の新社長、またも外国人を起用

日本板硝子の新社長、またも外国人を起用

日本板硝子は15日、5月に入社する米国人のクレイグ・ネイラー氏が、6月の株主総会を経て社長兼CEOに就任すると発表した。藤本勝司社長は取締役会議長兼会長に就く。

同社の社長人事をめぐっては、昨年8月の“事件”が記憶に新しい。当時のスチュアート・チェンバース社長兼CEO(2006年に買収したピルキントン社出身の英国人)が、「(日本で)社長職にとどまると16歳の息子が見知らぬ他人になってしまう、不安を感じた」と家庭の事情を理由に突然辞任を表明。10月から藤本会長が社長復帰し、並行して社内の指名委員会が後任選びを行ってきた。

ネイラー氏は化学大手の米国デュポン社に36年間勤務し、電子・情報技術部門担当の上席副社長を務めた人物。「4年間東京に住んだ経験があり、日本が好き。家族も再び東京に住めると喜んでいる。事情が許すかぎり長く社長兼CEOを務めたい」(ネイラー氏)と意欲的だ。

世界29カ国に50のガラス製造用窯を持つ日本板硝子は、「売り上げ、従業員とも80%が海外」(藤本社長)という国際企業。今回も外国人社長以外に選択肢はなかった。

欧米市場で急ブレーキ

同社は06年6月に約6160億円を投じ、英国のガラス大手ピルキントン社を買収。「小が大をのんだ」と世間を驚かせ、世界首位級のガラスメーカーに躍り出た。買収後は欧米を中心とした大量生産・汎用品の建築用、自動車用のガラス事業に特化。一方で、光通信用レンズなど情報・電子用の機能性ガラスは大幅に縮小した。事業構造の転換により、欧州の売り上げ比率は5割となった。

だが、この戦略が裏目に出た。リーマンショック後、欧米のガラス需要が大幅に落ち込んだのだ。ピルキントン社買収に伴うのれん償却(約180億円)や金利負担が重く、10年3月期は2期連続の経常赤字となる。「自動車用は各国の購入支援政策で上向いているが、最大市場の欧州で建築用が低迷したまま」(藤本社長)と苦しい状況が続く。

11年3月期は生産能力2割削減、累計6700人の削減など、リストラ効果が出る。ただ、のれん償却や金利負担がなおも重く、経常黒字化は微妙。買収効果どころか、高値づかみだったと評価せざるをえない状況だ。

回復に向けて、市場拡大が見込める新興国の開拓や、太陽光発電パネル用ガラスなどへのシフトも進めている。だが復活するかは、主戦場である欧米のガラス需要にかかっている。見通しが依然不透明な中、ネイラー新社長もリストラに傾斜した路線を継続する公算が大きい。

(内田通夫 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2010年5月1日号)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。