記事広告アーカイブ

有事の転職、という時代の終焉
ライフスタイルとしてキャリアを考える

求人大手が起こした革新的新サービスの中身

 長年に渡って就職・転職ビジネスを一手に率いてきたリクルートキャリアが、新たに次世代リーダーのキャリア形成を支援するためのサイト「CAREER CARVER(キャリアカーバー)」をオープンした。ビジネスパーソンとヘッドハンターをつなぐことで、次世代リーダーのキャリア形成をサポートしていく今までにない形のサービス。今回なぜこのような新事業の立ち上げに至ったのか。また次世代リーダーに求められる素養とは。サービスのキーパーソンである佐藤学氏に話を伺った。

かかりつけのヘッドハンター?

―リクルートキャリアではリクナビNEXTやリクルートエージェントなどこれまでも転職をサポートするサービスを数多く提供してきました。今回新たにスタートさせたCAREER CARVERが既存のサービスと異なる点について教えてください。

従来のサービスとCAREER CARVERでは「キャリア支援の方法」に大きな違いがあります。リクナビNEXTやリクルートエージェントが主としているのは仕事探しの場を提供すること。ビジネスパーソンに対するキャリア支援はあくまで仕事を探すことの延長でした。しかし今回のサービスはあくまで「キャリアを考える」ということを軸に支援を行うサービス。そこに必ずしも転職や独立、起業が伴うものではありません。この「仕事探しの場」か「キャリアを考える場」ということが既存のサービスと最も異なる点です。

CAREER CARVERではどのような形で「キャリアを考える場」を設けているのでしょうか?

今回のサービスでは外部のヘッドハンターやコンサルタントと提携し、一人ひとりのビジネスパーソンに「かかりつけのヘッドハンター」を見つけてもらいます。彼らと定期的に接点を持つことでご自身のキャリアの棚卸しを行い、次世代リーダーとして向かうべき方向を明確化する。こういった取り組みは欧米諸国では一般化していますが、日本で現在行っているのは一部のエグゼクティブのみ。大半の企業では社内にメンターやキャリアカウンセラーを置いていますが、それでは社外からみた自身のバリューを知ることができません。客観的な視点でキャリアについてアドバイスできるヘッドハンターを外部に持つ。それもお抱えの医者や弁護士のように、公私にまたがって長期的に付き合える「かかりつけのヘッドハンター」を持ってもらう。そのために幅広い視野や知識を持つ厳選された、優れたヘッドハンターやコンサルタントとのマッチングサービスとしてCAREER CARVERをスタートさせました。

ヘッドハンターと求職者の関係図
次ページ切羽つまってからみんな動くんです。
 
挑戦するエグゼクティブ限定
キャリアカーバー
キャリアカーバー
 https://careercarver.jp