[図説]中国力 矢吹晋著

[図説]中国力 矢吹晋著

超巨大国家への道をひた走る中国を多彩な切り口から紹介した、平板な解説文や単なるデータの羅列にとどまらぬガイドブック。半世紀にわたり中国を見続けた著者ならではの考察が随所にある。437ページの大冊には項目125、図表271、コラム40が収められ、政治経済を中心に情報、社会保障、軍事力、少数民族、ソフトパワーなど中国の現状を知るに欠かせないテーマも怠りなく、手元に置くのに便利だろう。

全体として中国をマクロとミクロ両面からとらえようとしている点が特徴で、この国の危うさもそのようにしてより明快に見えてくる。特に「中国共産党-官僚特権階級の形成」の章はデータ、分析ともに興味深い。太子党の実態を詳細な個人別データで見ていくほどに、著者の懸念は十分に説得的だ。勝者の驕り、権力の腐敗、そして苦い良薬の不在。本書の主張が杞憂だとは思えない。主な企業名、人名にふりがながつくとなおよかった。  (
純)

蒼蒼社 3150円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
持ち家が危ない<br>マイホームが「負動産」になる

東京・豊島区で15%の空き家率。空き家はもはや地方都市だけの問題ではない。積立金不足で大規模修繕が進まないマンションも。「負」動産化する持ち家の大問題とその対策を提示。