6月の国内ユニクロ、前年比プラス2.6%

エアリズムなど夏物牽引、既存店売り上げ堅調

 7月2日、ファーストリテイリングは、6月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比2.6%増加したと発表した。写真は昨年4月、都内で撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 2日 ロイター] - ファーストリテイリング<9983.T>は2日、6月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比2.6%増加したと発表した。8カ月連続のプラスとなった。

1カ月を通して、「エアリズム」などの夏物コア商品が順調に推移したという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。