人物で語る化学入門 竹内敬人著

人物で語る化学入門 竹内敬人著

化学の世界で、誰もが知っているスター級の学者はキュリー夫人くらい。しかし他の諸科学と同様に、化学の分野でも有名無名を問わずその発展に貢献した人物は数多い。この「物質世界」を理解するため、また望んだ物質を作るために努力を重ねてきた彼らを抜きにして、今日の化学を語ることはできないと、東大名誉教授の著者は言う。

赤緑色覚異常ながら原子説を提唱した英国人化学者、ドルトンをはじめ、毎夏、家族総出で研究用のクラゲをとったという下村脩、ミスから成果を導いた田中耕一といった日本人ノーベル化学賞受賞者など、化学に情熱を傾けてきた多くの化学者たちの発見と発明の物語を通して、化学の考え方をひもとく。

岩波新書 840円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。