損害保険は業界再々編でも収益力強化は道半ば、世界水準の厚い壁


 巨大新会社の発足、株式上場--4月1日、国内保険業界は新たなスタートを切った。

三井住友海上グループホールディングス、あいおい損害保険、ニッセイ同和損害保険が経営統合した「MS&ADインシュアランスグループホールディングス」(以下MS&AD)、損保ジャパンと日本興亜損害保険の統合による「NKSJホールディングス」(以下NKSJ)の誕生で、損保業界は東京海上グループとともに「3メガ体制」となった。

一方、生保業界では国内2位の第一生命保険が、大手として初めて相互会社から株式会社に転換。NTT以来の大型上場としても注目を集めた。

飽和した国内市場 群雄割拠の海外市場

しかし、本番はこれから。「メガ」というのはあくまで国内のレベルであり、決して安泰ではない。3社統合で日本一の損保グループに躍り出るMS&ADですら、世界で比べると時価総額はトップ10にも入らない。相互会社時代、第一生命が日本生命とともに世界規模の生命保険会社だったのも、過去の話だ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。