先の先を読め 複眼経営者「石橋信夫」という生き方 樋口武男著

先の先を読め 複眼経営者「石橋信夫」という生き方 樋口武男著

希代の事業家には、ユニークな名言・格言を生み出す達人が少なくない。

曰(いわ)く「時間を値切れ」。平たく言えば「時間のムダはお金のムダ」。そのエピソードに脱帽する。さる製鉄所の落成式で、一人広大な敷地をタイムカードのある正門から工場まで歩く。31分。従業員は1万2500人。年間80億円相当の“カラ就業”と暗算。

いま一つ、「仕事に惚れろ。会社に惚れろ。自分に惚れろ」という「三惚れ精神」。どこにもある心得と見えて、「そやけど、土地には惚れたらあかんで」と続く。得意分野での慢心を厳に戒める。

薫陶を受けた後継者が週刊誌連載から51話を抜き出し、その言葉に結晶した企業経営のヒントを伝える。

文春新書 861円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。