当たるか?ネット界のご意見番が語る近未来

ブレイクするネット企業のそばに、あの男

ネット界のご意見番が語る未来とは?(写真:Bloomberg)

マーク・アンドリーセンが誰かを、今更、説明する必要はないだろう。

ウェブ・ブラウザの発明家にして起業家、そして最近はベンチャーキャピタリストとして、シリコンバレーから世界へ旅立つ数多くのスタートアップを育てている。

振り返ってみれば、アンドリーセンは現在のテクノロジー業界の基礎を生み出し、そして新しいアイデアや起業という思想的、社会的な意味でも、この業界をリードしてきた人物である。

アンドリーセンの存在は、現在のシリコンバレーの誕生と切っても切り離せない。1995年のネットスケープのIPOは、ここの歴史を語る際に忘れてはならないターニングポイントだ。これによって、シリコンバレーに新たな資金が流入し、既存の企業が本気でテクノロジーに取り組み、才能あるテクノロジー関係者がここに集まるようになったからだ。そしてアンドリーセンは今、テクノロジーの行く末を占うご意見番としても多くの注目を集めている。

ネットスケープ創業、投資家としてもブレイク

アンドリーセンは、すでに9歳の頃からプログラミングを始めていた。図書館で借りた本を見ながら独学で学び、高校生になる頃には、当時、手に入る初歩的なパーソナルコンピュータでできることをやり尽くしていたという。入学したイリノイ大学ではもちろんコンピュータ科学を専攻。だが、ここでも授業が退屈で仕方がなかったという。

そのアンドリーセンが関心を持ったのは、スイスの物理研究所CERNから聞こえてくる話だった。そこの研究者がワールドワイドウェブというものを開発して、研究者らの間でさまざまな情報交換ができるようになっているというのだ。

アンドリーセンは仲間を集めて、そのワールドワイドウェブをグラフィックに見られ、簡単に操作できる仕組みを開発しようと乗り出す。週に80時間も作業をしながら、チョコレートチップクッキーと牛乳を押し込みながら数カ月後に完成したのが、ブラウザ「モザイク」だった。

次ページ投資先が続々とブレイク
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。