KDDIが個人向けでは初のスマートフォン投入へ、競争激化のなか巻き返し図る

KDDIが個人向けでは初のスマートフォン投入へ、競争激化のなか巻き返し図る

「au」ブランドの携帯を展開するKDDIは、6月上旬、同社初となる個人ユーザー向けスマートフォンを発売する。同分野では米アップル社製「アイフォーン」を擁するソフトバンク<9984>がリードしているが、最後発となるKDDIは日本の携帯電話を意識した仕様で追撃を期す。

今回発表されたのは、グーグル製アンドロイドOSを搭載したフルキーボード型の「IS01」(シャープ製)と、ウィンドウズOSを搭載したアイフォーンタイプの「IS02」(東芝製)。3月30日の製品発表会でのプレゼンテーションでは、「ネットブックとスマートフォンの良いところを取った『スマートブック』というコンセプト」(高橋誠・常務執行役)の「IS01」に、特に時間を割いてプレゼンテーションを行った。

「IS01」の特徴は、フルキーボードと5インチの大型ディスプレー。電子辞書ほどの大きさがあり、通話機能を一定頻度使うことを想定した通常のスマートフォンとは別物。通話を行う際には、運転中に使うハンズフリー型のマイクなどを使用する。

ターゲットに据えるのは、「ミクシィ」などのソーシャルメディアを愛用する20~30代の女性だ。通常の携帯電話をすでに持っている人の「2台目需要」を取り込む戦略だ。そのほか、日本製の携帯電話では「壁紙」と呼ばれる待ち受け画面にこだわる女性ユーザーなどがいることから、画面上に並んだアイコンの表示を消すことができるようにするなど、ユーザーインターフェースに従来型の携帯電話の細かい仕様を盛り込んだ。

8月下旬以降、auのメール機能である「ez web」にも対応し、スマートフォンに日本製携帯電話由来のアレンジを加え差別化を図る。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。