三菱自動車が電気自動車の個人向け販売開始、14年までに200万円台前半の価格目指す

三菱自動車が電気自動車の個人向け販売開始、14年までに200万円台前半の価格目指す

ついに一般消費者が電気自動車を手に入れられる時代が到来した。

三菱自動車はきょう4月1日から電気自動車「i−MiEV(アイミーブ)」の個人向け販売を開始した。同時に価格を従来から約62万円下げ、国の補助金制度の活用を前提としてユーザーの実質負担額を284万円と、300万円以下に抑えた。

これまでは自治体や法人向けのみに売ってきたが、個人にも販売先を広げて電気自動車の本格的な普及に先鞭をつける。同じく実質負担額を300万円以下に設定して、電気自動車「リーフ」を今年末に投入してくる日産自動車を迎撃する。

三菱自はi−MiEVの個人向け販売に合わせて、価格を398万円に改定した。従来(469.9万円)から61.9万円の値下げ。電気自動車の購入に際して国が設けている補助金制度で1台当たり114万円が交付される前提で、ユーザーは実質284万円でi−MiEVを購入できる計算だ。販売方式は税金や整備費用などを三菱自側が負担するメンテナンスリース販売を継続する。

充電インフラの整備や高い車両価格など、電気自動車の普及には課題も多いが、費用さえ払えば一般の個人が電気自動車を購入できる日が訪れたのは、日本の自動車産業にとって歴史に残る大きな一歩だ。

三菱自が先行する電気自動車の価格をめぐっては、後を追う日産自動車が戦略的な価格を打ち出した。日産は3月30日、4月1日に予約注文を開始し、12月に発売する電気自動車「リーフ」の価格を376万円に設定したと発表した。補助金の活用を前提とすると、ユーザーの実質負担額は299万円。300万円を切った。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。