商船三井の新社長に”本命”の最年少取締役・武藤専務が就任へ、

商船三井の新社長に”本命”の最年少取締役・武藤専務が就任へ、

利益水準では国内海運首位、世界一の船隊規模を誇る商船三井が、次期社長に武藤光一専務を内定したと3月25日に発表した。6月22日開催予定の株主総会を経て就任する予定。

武藤新社長は1953年9月26日生まれの56歳。現在の芦田昭充社長から10歳の若返りで、芦田社長の就任時よりも5歳若い。同業比較では、昨年就任した日本郵船<9101>の工藤泰三(やすみ)社長よりも1歳若く、就任時年齢は同じ。

芦田現社長は代表取締役会長となり、役員序列は相変わらず1位だが、業務執行からは外れ、主な役割は取締役会議長に限定される。

武藤新社長は、商船三井の3人の社外取締役を除く8人の取締役の中では最も若く、76年入社で社歴も最も浅い。役員序列は現在6位。6月の社長就任で業務執行の長となるが、役員序列的には2位か3位にとどまりそうだ。「2位」は副会長職を置かなかった場合、「3位」は副会長職を置いた場合の序列だ。

武藤氏よりも入社年次が1年早い取締役が3人、2年早い取締役が2人、4年早い取締役が1人いるため、副会長職を置く可能性は残っている。いずれも年長の取締役をまとめていけるのかについては、「彼(=武藤専務)だったらうまく手綱をとってくれるだろう、と。社外取締役や監査役にも事前に説明して回ったが、それはいいですな、と(いう反応だった)」(芦田社長)。

現在の商船三井の役員陣容は以下の通り。

役名  氏名         生年月日 入社年
 社長  芦田昭充  43年 4月10日 67年
 副社長 薬師寺正和 48年 6月18日 72年
 副社長 米谷憲一  50年10月12日 74年 
 副社長 青木陽一  50年 5月 9日 74年
 専務  安岡正文  51年 6月 7日 75年
 専務  武藤光一  53年 9月26日 76年
 専務  宍戸敏孝  53年 2月26日 75年
 専務  山本竹彦  52年 9月29日 75年
 ※ 入社年は各4月

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。