日本の近現代史をどう見るか シリーズ日本近現代史(10)岩波新書編集部編

日本の近現代史をどう見るか シリーズ日本近現代史(10)岩波新書編集部編

「シリーズ日本近現代史」の第10巻。これまで「幕末・維新」から始まり「ポスト戦後社会」までを九つの時代に分けて描いてきた本シリーズ。とりわけ、政治・経済・社会・文化の流れをたどりながら、現代へと続く日本の姿を浮き彫りにしてきた。

最終巻となる本書では、各巻の著者がそれぞれの時代を総括する。最終章では、日本近代化の幕開けから21世紀の現代までの約150年間を「通史」として学ぶことの重要性を考察。個々の事象を連鎖させながら歴史をひもとくことで、新たな発見があることと歴史を学ぶさまざまな入り口があることを提示する。

各章の末尾には、それぞれの時代を知るうえで役立つ「お薦めの五冊」も掲載。

岩波新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。