ユーロ高は、終わったのか

敏腕アナリストが分析する為替相場

マイナス金利導入を発表するECBのドラギ総裁(ロイター/アフロ)

なぜECBはマイナス金利と信用緩和策を決定したのか

5月ユーロ圏HICP(消費者物価指数)は、速報値が前年比プラス0.5%と4月の同プラス0.7%から一段と減速した。こうした「ディスインフレ懸念」に対し、6月5日のECB理事会では、利下げや各種の信用緩和策が決定された。

政策金利については、主要政策金利であるリファイナンス金利を0.25%から0.10%へ、上限金利である貸出ファシリティ金利を0.75%から0.40%へ、下限金利である預金ファシリティ金利を0.00%からマイナス0.10%へと、それぞれ引き下げた。ドラギ総裁は記者会見で政策金利が「事実上の下限に達した」と述べている。

今回の決定ではマイナス金利の導入が注目されたが、ECBは5日のプレス・リリースで導入の理由を詳しく説明している。ECBは「長期にわたってユーロ圏のインフレ率がプラス2%を大幅に下回り続けると見込まれている」としたうえで、マイナス金利は「ユーロ圏の安定成長に必要な条件であり、中期的な物価安定を確実にするために講じた措置の一環である」とした。

こうした利下げに加え、ECBは様々な信用緩和策も発動している。具体的には、(1)「的を絞ったLTRO(Targeted Long-Term Refinancing Operations; TLTRO)」、(2)固定金利・全額供給方式による資金供給オペの2016年末までの延長、(3)SMP(証券市場プログラム)の不胎化オペの停止が決定された。

次ページ今後のユーロ相場はどうなるのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。