外食不況とは無縁! 独り勝ちの回転ずし


 回転ずし業態が元気だ。特に1皿100円で提供する「かっぱ寿司」「スシロー」「くら寿司」は大にぎわいだ。週末になると、長時間待ちの家族連れで店はあふれ返る。

人気の理由は、割安感。同じ客層のファミリーレストランより客単価が低くても、1人当たりの注文点数が多いためお得感を見いだす客も多い。カウンターのすし店と違い、価格面での安心感もある。

家族客を引き付ける娯楽性も大きな魅力だ。ゲームを取り入れたタッチパネル式の注文画面や、新幹線をかたどった注文レーンなどが子どもたちの支持を集めている。

外食市場が縮む中でも回転ずしの成長率は年10%程度と、まさに独り勝ち状態。とはいえ不況のさなかで好調を維持するのは至難の業だ。100円ずし各社は今、さらに踏み込んだ集客策へと乗り出している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。