(第44回)大学別就職人気企業ランキング(東京大学編)

(第44回)大学別就職人気企業ランキング(東京大学編)

採用プロドットコム株式会社
 シリーズでお届けしている旧帝大クラス理系学生の人気企業ランキング調査。今回はいよいよ東京大学の学生の志向を探ってみたい。これまでの大学とは異なる企業が上位に顔を出しており、東京大学の特徴が表れた結果となった。
【調査概要】
(1)調査主体:ゼンケンULM株式会社、採用プロドットコム株式会社
(2)調査対象:ゼンケンULM株式会社主催の就職セミナーに来場した東京大学の学生
(3)調査方法:セミナー会場での紙アンケート回収
(4)調査時期:2009年11月25日(水)・26日(木)
(5)有効回答:327人(男子275人、女子52人)、就職人気企業ランキング総投票数 1,274票
(6)集計方法:就職人企業ランキングは、1人5社まで記入。記入順、性別、専攻等での加重は一切加えず、単純得票数による順位づけ。
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。