クレディセゾンとセブン&アイグループが百貨店カード事業の包括提携を発表

クレディセゾンとセブン&アイグループが百貨店カード事業の包括提携を発表

クレディセゾンは3月17日、セブン&アイ・ホールディングス<3382>と、傘下の西武百貨店、そごう提携カード事業に関する包括的な業務提携に向けた検討を進めることを合意した。

これまで、西武百貨店の提携カードはクレディセゾンが発行してきたが、この事業を企業分割で切り出して新会社(2010年8月設立予定)に吸収し、セブン&アイ・ホールディングスの金融事業会社であるセブン&アイ・フィナンシャル・グループが新会社株式51%を取得して連結子会社化する。新会社への吸収分割、セブン・アイ・フィナンシャル・グループによる株式取得は2011年4月を予定している。

クレディセゾンと西武百貨店、そうごうの提携カードは「ミレニアムカード」「クラブオンカード」の2種類で、09年8月末時点の会員数は303万人、09年3月期のショッピング取扱高は6820億円。規模的には中堅の上位クラスのカード会社ということになるが、ミレニアムカード、クラブオンカードとともに優良カードで、利用率が高いことで知られている。新会社にはクレディセゾンの社員が出向、転籍し、事業運営に当たる。

セブン&アイ・グループには自前のカード会社、「アイワイカード」があるが、新会社誕生後は、新会社の会員によるヨーカ堂でのカード利用でも、あるいは、アイワイカードの会員による西武百貨店、そごうでのカード利用でも、相互にポイントが得られるようになるため、カード利用のシナジー効果が期待できる。

なお、今後、13年3月までをメドとして、新会社とアイワイカードとの事業統合も検討する予定だ。
(浪川 攻)


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)   営業収益  営業利益 経常利益  当期利益
連本2009.03  327,089 34,548 30,953 -55,513
連本2010.03予 308,000 34,000 35,000 17,000
連本2011.03予 275,000 27,000 27,000 13,000
連中2009.09  156,706 17,979 19,149 8,657
連中2010.09予 140,000 15,000 15,000 7,000
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
連本2009.03  -308.3 30 
連本2010.03予 92.6 30 
連本2011.03予 70.8 30 
連中2009.09  47.8 0 
連中2010.09予 38.1 0 
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。