注目のソーシャルレンディングとは? ネット版「新」頼母子講、見知らぬ個人同士を結ぶ金融

「引っ越し資金を融資してください」

「息子の幼稚園入園と娘のプレスクール入学費用を貸してください」

何らかの事情で資金を必要とする借り手と、サイト上に提示された理由や条件を見て「貸してもいい」という貸し手(投資家)を、インターネット上でマッチングさせる「ソーシャルレンディング」。このユニークな金融サービスが、日本でも本格的に始まっている。

日本での第1号がWebサービス会社のmaneoだ(サイト名も同)。2008年10月に同事業を開始、これまで400件以上、1億6000万円余りの融資を実行した。仕組みは若干異なるが、09年12月には、エクスチェンジコーポレーションによる同様のサービス「AQUSH(アクシュ)」もスタートした。 

 

預金より高利回りだが 焦げ付けば元本返済不能

ネット上で募った貸し手から匿名組合出資という形で資金を集め、それを貸し手の指定する借り手に貸し出すのが基本的な仕組み。貸し手から見れば預金金利より高利回りの投資商品であり、借り手にとっては消費者金融よりも低利なのが魅力だ。ただ、融資が焦げ付くと、損失は貸し手がかぶらなければならない。事業者は貸金業と金融商品取引業の登録が必要になる。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。