老舗「ヤシカ」復活に見るブランドビジネスの新世紀--連敗・電機業界の新たな切り札となるか

老舗「ヤシカ」復活に見るブランドビジネスの新世紀--連敗・電機業界の新たな切り札となるか

シニア層の写真愛好家なら誰もが懐かしさを覚えるカメラブランド、ヤシカ。小型フィルム機で人気を博し、かつては国内のみならず世界各地で高い市場シェアを獲得した。1983年に京セラに買収され、国内では久しく姿を消していた。だが近年、デジタルカメラなどのブランドとして日本ばかりか、海外でもひそかに復活している。

JR新横浜駅近くのパソコン量販チェーン・ピーシーデポ。ソニーやキヤノンなどの大手メーカー品に交じって、ヤシカブランドのデジタルカメラやビデオカメラが数機種並ぶ。

「よく売れますよ。なんといっても値段が安いですから」と店舗スタッフ。デジカメなら5000円台、フルハイビジョンのビデオでも1万5000円程度という低価格だ。

世界同時多発的にヤシカブランドが「再生」

衝動買いしても惜しくないお手頃製品としてヤシカをよみがえらせたのは、エグゼモード(東京・渋谷)という新興家電メーカーだ。

2007年設立で、全社員35人のうち技術者は藤岡淳一社長ただ1人。製品の生産は中国の提携工場に委託する、いわゆるファブレスメーカーで、自社は企画とアフターサービスを主に手掛ける。

08年から自社製品にヤシカのブランドを冠しているが、商標権はエグゼモードの所有ではない。同社に日本国内限定でライセンス供与しているのは、香港企業のJNCデイタム・テック・インターナショナルだ。

07年、京セラがカメラ事業から撤退するのに伴い、香港の販売代理事業者だったデイタムにヤシカの商標権を売却(金額は非開示)していたのだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。