サムスン電子、新型スマートウォッチ発表へ

はやければ6~7月に

 5月23日、米WSJ紙は、韓国サムスン電子が携帯電話と接続せずに着発信が可能となるスマートウォッチを開発していると報じた。写真は2011年10月、ソウルで(2014年 ロイター/Jo Yong-Hak)

[23日 ロイター] - 韓国サムスン電子<005930.KS>が、携帯電話と接続せずに着発信が可能となるスマートウォッチを開発している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が23日報じた。

サムスンは6─7月に発表したい考えという。

同紙が情報筋の情報として伝えたところによると、サムスンは米国や韓国、欧州の通信会社と「ウォッチフォン」について協議している。

新たなスマートウォッチは、基本ソフト(OS)「タイゼン」を搭載し、カメラや電子メール処理機能、心拍数モニターなどを備えるという。

サムスンはコメントを差し控えている。

サムスンの「ギャラクシーギア」を含め、現在発売されているスマートウォッチは、電話の受信やメッセージの発信などを行うには、携帯電話への接続が必要となる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。