ヤフーがネット広告枠のオークション取引事業を開始

ヤフーがネット広告枠のオークション取引事業を開始

ネット広告最大手のヤフーは、4月1日からオークション方式の広告枠取引事業を開始すると発表した。
 
 米Yahoo! Inc.傘下のRight Media社が運営する広告枠取引プラットフォーム「Right Media Exchange」を採用し、ヤフーが取扱つアド・ネットワークの広告在庫をオープン化する。当初はヤフー以外のアド・ネットワーク参加媒体のみの広告枠の取引から開始するとしている。

ネット広告の在庫枠を公開市場で取り引きすることで、効率的な広告枠の流通を目指す。
 
 広告枠のオークション取引が本格化すれば、ネット広告媒体ごとの優勝劣敗がより鮮明になりそうだ。
(丸山 尚文 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
3位転落からの挽回戦略<br>ローソンの危機感

玉塚会長退任と同時に示された、野心的な中期経営計画。ファミリーマートに店舗数で抜かれたローソンの戦略は、質と規模の両方を追うハードルが高いものだ。改革は実を結ぶのか。