剥落したトヨタ高品質の評判、米工場進出各地から支援の声も、トヨタ車オーナーの失望深く

剥落したトヨタ高品質の評判、米工場進出各地から支援の声も、トヨタ車オーナーの失望深く

「古いレクサスを持っているけれど、もうトヨタ車は買わないよ。仕事が忙しいのに、リコールのたびにディーラーを訪れる時間はないんだ」と営業職のサム。彼は、妻と子供たちとともにフォードのディーラーを訪ねた。「5年間無利息のローンや補償期間の延長などトヨタはいろいろやってる。価格も下がっている。でも、車の定期的な検査は行わないと。故障のない、性能の良い車が必要なんだ」。

スタンフォード大学のある教授は、夫婦でプリウスの2010年製と07年製の2台を所有している。「環境に良く、故障の少ない素晴らしい車と信じて買ったのに。本当にがっかりした。トヨタは05年に既に欠陥を見つけていたのに、直ぐに対策を取らなかったのはよくない」
 
 教授が大学周辺を運転中、道路の穴ぼこに出くわすと、プリウスが急激に加速したことが何度もあったという。教授は最近、ディーラーに持っていって修理をした。

「トヨタが、欠陥に対して迅速に対処していれば、ここまで大きな問題にならなかったはず。だれでも失敗することがあるのだから、誠実に対処し、失敗から学んで努力することこそ正しい企業姿勢なのに」と、とても残念そうだ。
 
 環境保護に熱心なスタンフォード大学のキャンパス内駐車場では、プリウスをあちらこちらで目にする。日系米国人の権利を守った教授たちがいた国際的なスタンフォード大学のトヨタ・オーナーたちは皆、今回のリコール問題で、気落ちしているに違いない。

著名人の中にもプリウス・オーナーは少なくない。アップルコンピューターの共同設立者、スティーブ・ウォズニアックは、プリウスを4台所有する。そのうちの10年製プリウスが、クルーズコントロールを使っていた際、アクセルも踏まないのに高速になったという。ブレーキも利かず、たいへん怖い思いをしたそうだ。
 
 ウォズニアックは、早速、 トヨタ、そして米道路交通安全局(NHTSA)に訴えたものの、 相手にしてもらえなかったという。「ボクの車は今、調査のため、持っていかれた。どんなものにも欠陥が起る可能性はある。次に新しいものが出てきたら、僕は買うね」と語っている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。