ホンダのタイ法人、需要減で生産縮小

政情不安で新工場の稼働も後ずれ

 5月22日、ホンダのタイ法人幹部は、アユタヤ工場での生産を60%に縮小したことを明らかにした。写真は同社のロゴ。都内ショールームで昨年4月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[バンコク 22日 ロイター] - ホンダ<7267.T>タイ法人幹部は、アユタヤ工場での生産を60%に縮小したことを明らかにした。需要減が要因。

政情不安の影響で、今年の販売目標12万台は達成できない可能性があるという。

プラチンブリで建設中の新工場稼働は、予定していた2015年4月から半年から1年後ずれすることを決定した。

政情不安の影響で、タイの国内総販売台数は100万台を下回るとの見方を示した。

同幹部は「年初から経済、政治的な環境の悪化を懸念していた」としている。

年間生産能力は、アユタヤ工場が30万台、プラチンブリで建設中の新工場が12万台。

タイの業界団体によると、国内自動車販売台数は4月は前年比33.2%減。2013年は7.7%減の133万台だった。タイでは自動車購入者に対する助成金支給が2012年に切れたことを受け、販売台数が減少している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。