中国、80の国家プロジェクトを民間に開放

市場の役割を強化へ

 5月21日、中国の国家発展改革委員会は、民間投資に開放する80の国家プロジェクトの詳細を公表した。写真は2008年8月、北京で(2014年 ロイター合弁事業や全額出資会社、フランチャイズの形式で参加が可能としている。 The shadows o/Phil Noble)

[北京 21日 ロイター] - 中国の国家発展改革委員会(NDRC)は21日、民間投資に開放する80の国家プロジェクトの詳細を公表した。合弁事業や全額出資会社、フランチャイズの形式で参加が可能としている。

中国はこれまで国有企業が独占していた産業に民間資本を受け入れることで、経済における市場の役割強化を目指しており、李克強首相は4月、エネルギーや情報、インフラ部門の80事業について、民間投資を認める方針を示していた。

全体の3分の1近くが交通インフラ関連で、北京の地下鉄や長春と内モンゴル自治区の都市を結ぶ鉄道網などが含まれる。

情報関連のインフレは2件、その他は中国石油化工(シノペック)の液化天然ガス(LNG)プロジェクトや四川省の水力発電など、エネルギー関連となっている。

80のプロジェクトには国有通信大手3社や中国鉄路総公司が所有する資産が対象に入っている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。